いつもの料理を楽しくする便利な料理器具「出刃包丁」の世界

包丁

出刃包丁は定期的なメンテナンスが必要

包丁は切れ味がいつまでのキープできるものではありません。定期的に研ぐなどのメンテナンスを行う必要があるのです。さらに、出刃包丁は硬い魚の骨などをさばくため、切れ味が悪くなってしまいやすい包丁だと言えるでしょう。
定期的なメンテナンスを行うことで、いつまでも長く安心して調理を行うことができます。
出刃包丁は、切っ先と呼ばれる部分と、そり、そして刃先と呼ばれる部分に分類されます。そして、出刃包丁の心臓部と言っても過言ではない刃が反っている部分をしのぎと呼び、この部分の角度によって包丁の質が大きく変わってくるのです。
出刃包丁の刃を研ぐことは、決して簡単な作業ではありません。むしろ、難しい部類になりますので、難しいと感じた場合は無理をせずプロに依頼を行うことをお薦めします。
出刃包丁を綺麗に研いでおくことで、魚料理が完成したときに大きく見た目が変わってきます。また、魚本来の食感も全く変わってきますので、できる限り定期的なメンテナンスは行うように心がけましょう。
定期的にメンテナンスを行うことで、出刃包丁は何年も使用することができるようになります。長く使用することを考え、できるだけ良い出刃包丁を選ぶことも大切です。

TOP